年間行事

元旦会
一年の計は元旦にあり。浄土真宗門徒にとって元旦は、お念仏と共に新年を強く明るく生き抜く決意を新たにしてスタートする日です。
元旦会1 元旦会2
 
御正忌報恩講

ご本山では毎年、親鸞聖人の御命日(御正忌)の法要が1月9日から16日まで7昼夜つとめられます。
長松寺ではこの「御正忌」を1月第2週目の土日で、御仏前に御餅や沢山の蝋燭をお供えしてお勤めさせていただいております。

御正忌1 御正忌2 御正忌3
 
涅槃会
2月15日、お釈迦さまの入滅の日をご縁とし、遺徳を偲びご恩に感謝をし法要を行います。
 
仏婦
3月第1週目の土日にお勤めします。
春季永代経法要
4月8日のお釈迦様のお誕生日をお祝いする日です。みんなで甘茶かけをおこないお勤めをします。
花祭り・永代経1 花祭り・永代経2 花祭り・永代経3 花祭り・永代経4
 
宗祖降誕会・初参式
親鸞聖人の5月21日のお誕生日をご縁とし、新しく仏の子としてお参りされる赤ちゃんたちのいのちの誕生を、みんなでお祝いします。
宗祖降誕会・初参式1 宗祖降誕会・初参式2 宗祖降誕会・初参式3
 
安居会

安居とは、お釈迦さまの時代、夏の雨季に精舎などにこもって仏道を求めるという意味と、雨の時に道路を歩くことによって、虫や草木を踏み殺す恐れがあることを避ける(あらゆるものの生命を尊ぶ)という意味があり、その安居を縁にみんなで聞法いたします。

 
盂蘭盆会・原爆忌法要
お盆と原爆の日を通じて、仏さまとご先祖さまに改めて感謝をし、お勤めいたします。
 
志和西長寿会追悼法要
 
 
秋季彼岸会法要
「迷いの世界である此岸から、悟りの世界である彼岸へと到る」と言う意味のお彼岸、お浄土をしのび、すでに往生された人、ご先祖を憶(おも)いお勤めいたします。
彼岸会01
 
法名図絵特別永代経法要
多くの先祖に感謝し、多くの出遇いに感謝して毎年保育園の年長によるお茶のお運びがあります。
 
長松寺報恩講

親鸞さまの九十年にわたるご苦労の数々をお偲びし、念仏のみ教えをご教化いただいたことに感謝させていただく私たち浄土真宗門信徒の一番大切な行事です。

報恩講1 報恩講3報恩講4
報恩講2報恩講4
 
除夜会
一年の締めくくりは除夜の鐘をついて、年越しそばを頂き、皆さんとご一緒に一年を過ごさせていただいたことに感謝し喜ばせていただきます。
除夜会1 除夜会3 除夜会5
除夜会2 除夜会4